結婚後の夫婦間のルールの必要性

親しき中にも礼儀ありという言葉がありますが、その言葉が非常に重要になる関係が夫婦関係です。
血族ではなく他人であり、いちばん近い他人の関係だからです。
それを錯覚してしまい、夫婦だから何でも許される、理解してくれると考えてしまうと、錯覚が錯覚を生み、修復できない亀裂ができてしまうということになります。
それで、後で後悔した時に初めて親しき中にも礼儀ありという言葉が重要だったと身に沁みるわけです。
過去は変えられないといいますが、まさに起こったことは変えられませんし、後悔をしてもどうしようもありません。
そうならないように相手への配慮をするということが必要です。
常にべったりとくっついていてお互いが幸せだという貴重な夫婦の場合は問題ないでしょうが、そうでない場合は、相手への間というか距離感は重要です。
配慮をツーカーでできるようになるのが理想です。
それぞれの夫婦の形はあるでしょうが、相手の気持ちを理解できないと夫婦生活は難しいとなります。
それもお互いにです。